日進市藤塚のはる内科クリニック|内科、循環器内科、生活習慣病

禁煙外来

タバコは、一般的に知られているように、狭心症、心筋梗塞、脳梗塞、不整脈といった循環器疾患、慢性気管支炎、肺気腫などの慢性呼吸器疾患、肺がん、食道がん、喉頭がんなどの悪性腫瘍などを引き起こす要因となります。また同居するご家族にも病気を引き起こします(喘息・気管支炎・肺がんなど)。

しかしタバコのニコチンの作用による脳や身体への快感(身体的依存)だけでなく、ほっとする、間がもつ、すっきりするといった気持ちの上での依存(心理的依存)が重なっているため、ご自身の意思の力だけではなかなかやめることができません。

2006年4月から禁煙治療が保険適用されることになりました。これは喫煙を単なる習慣や嗜好と考えるのではなく、ニコチン依存症という病気として捉え、必要な治療を行うという考えです。治療は一定の条件を満たした喫煙者なら、どなたでも受けることができます。

当院では、ニコチンが脳神経に作用するのを止めて中毒症状を緩和するお薬(チャンピックス)や、生活指導などを駆使した禁煙のお手伝いをしております。

健康保険等を使った禁煙治療では、12週間で5回の診察を受けます。診察に行くと、はじめに喫煙状況などから健康保険等で治療が受けられるかをチェックします。毎回の診察では、禁煙補助薬の処方を受けるほか、息に含まれる一酸化炭素(タバコに含まれる有害物質)の濃度を測定したり、禁煙状況に応じて医師のアドバイスを受けることができます。

健康保険等を使った禁煙治療のスケジュール

健康保険等を使った禁煙治療のスケジュール

医療機関によっては、専任の看護師が問診や禁煙に関するアドバイスを担当する場合があります。
(参考資料)日本循環器学会、日本肺癌学会、日本癌学会、日本呼吸器学会:禁煙治療のための標準手順書 第6版:2014

禁煙治療(自己負担3割として)は、処方される薬にもよりますが8~12週間で13,000円~20,000円程度(※1)です。
1日1箱喫煙する方なら、8~12週間分の多くの種類のタバコ代より保険診療で禁煙治療を受けた場合の自己負担額のほうが安くなる計算になります。(詳しくはお問い合わせください。)

(※1)詳しくはすぐ禁煙.jp(ファイザー株式会社)をご覧ください